お葬式のマナーについて

お葬式と言うのは突然参加しなければならなくなることが少なくありません。
こうしたときの場合にあわてなくていいように、普段から葬儀に関するマナーと言うものを身に着けておくということが大切です。
喪服などを持っていないのであれば、喪服を必ず一着は用意しておくようにすることが大切ですし、またさらには、葬儀に関するマナーなどをインターネットなどで調べておくということが大切です。
まず、一人で参列する場合は、1人分の喪服だけで良いですが、家族で参列するとなると、子供の分の洋服なども、用意しなければなりません。
葬儀の際の服装ですが、黒、また紺などのワンピースなどが女性の場合は基本となっていて、男性の場合は同じような色合いのスーツなどを着るというのが基本となります。
ですので、服装をきっちりと心がけておくことが大切です。
また幼児の場合は、葬儀にふさわしいような、落ち着いた色合いの服が望ましく、また小中学生、また高校生の場合は、制服が望ましいとされています。
何を着ていったらいいのか分からない、という場合は、制服を用意しておくことがよいでしょう。
なにかあったときのために、こうしたことを心がけておくということが大切です。

関連ページ

知っておきたい
葬儀に出席した時に迷う事が多いのがお焼香のマナーです。やり方がわからず前の人の様子を見て、見よう見まねでお焼香を済ませる人も少なくありません。正しいマナーとしては、自分の番がきたらまず次の…
お葬式の段取りについて
お葬式を円滑に執り行うために、いくつか決めておかないといけないことがあります。まず始めに喪主選びです。喪主は、故人と一番縁が深い人が務めることになります。夫または妻といった配偶者が喪主に…
家族葬に参列するにあたって
まず、家族葬と聞いて、どこまでが参列する範囲にあたるのか悩まれる人も多いと思います。一般の葬儀の場合、参列したいと思えば、誰でも葬儀に参列する事が可能です。しかし、家族葬の場合は、そうも…
地域の葬儀のしきたりについて
わたしの実家はまだまだ田舎です。いい意味で葬儀についてもむかしながらの流れを引き継いています。田舎ながらの大きなお屋敷のお宅が多く、斎場を利用せず、自宅の和室を数室使って葬儀を行うこと…
女性のお坊さんでした
祖母のお葬式に参列しました。お坊さんは髪を剃った男の方というイメージがあり、女性の僧侶がきたので、はじめはお手伝いの方なのかと思ってしまいました。髪の毛は長くはなかったのですが、剃ってもおら…