家族葬に参列するにあたって

まず、家族葬と聞いて、どこまでが参列する範囲にあたるのか悩まれる人も多いと思います。一般の葬儀の場合、参列したいと思えば、誰でも葬儀に参列する事が可能です。しかし、家族葬の場合は、そうもいかないような気がして参列するかを迷う事も・・・。
しかし、家族葬には定義などなく、喪主の考えによって参列者の範囲が決められることが多くなっています。一般的に家族葬の場合は、その事を聞いた身内が参列する事が多く、中には、本当の身内のみで行う場合もある為、参列するかを迷った場合は、喪主に直接聞いてみる事もお勧めします。
また、家族葬の場合、香典や供花を辞退する事も多くなっています。その場合は、初めに喪主の方から記載などで伝達が行われている為、それに従うようにします。
また、どうしても、香典などを行いたい場合は、その事を伝え受け取ってもらうようにお願いします。しかし、喪主が断ってくる場合は、無理に渡す必要はないと思います。
このように家族葬は、最近よく行われる葬儀であるゆえに、明確な定義などは一切ありません。その為、各家庭によって考え方が事なってくる事が多いため、自分で考えるのではなく、わからない場合は、喪主に確認する事をお勧めします。

関連ページ

知っておきたい
葬儀に出席した時に迷う事が多いのがお焼香のマナーです。やり方がわからず前の人の様子を見て、見よう見まねでお焼香を済ませる人も少なくありません。正しいマナーとしては、自分の番がきたらまず次の…
お葬式の段取りについて
お葬式を円滑に執り行うために、いくつか決めておかないといけないことがあります。まず始めに喪主選びです。喪主は、故人と一番縁が深い人が務めることになります。夫または妻といった配偶者が喪主に…
地域の葬儀のしきたりについて
わたしの実家はまだまだ田舎です。いい意味で葬儀についてもむかしながらの流れを引き継いています。田舎ながらの大きなお屋敷のお宅が多く、斎場を利用せず、自宅の和室を数室使って葬儀を行うこと…