知っておきたい

葬儀に出席した時に迷う事が多いのがお焼香のマナーです。
やり方がわからず前の人の様子を見て、見よう見まねでお焼香を済ませる人も少なくありません。
正しいマナーとしては、自分の番がきたらまず次の人に会釈をして親族の前に行き一礼します。そして祭壇の前に進み、焼香台の2、3歩前で祭壇に向かって礼をします。
焼香台の前に立ったら右手の親指、人差し指、中指の3本で抹香をつまみ額の高さまで持ち上げおしいただいてから抹香を香炉のなかに入れます。
抹香を入れる回数も宗派によって違いがあり、日蓮宗と浄土宗は1回もしくは3回、真言宗、日蓮正宗は3回と決まっています。ただし浄土真宗本願寺派、真宗大谷派、真宗高田派は抹香を目の高さに上げることなくそのまま香炉の中に入れます。回数は浄土真宗本願寺派が1回、真宗大谷派が2回、真宗高田派が3回です。
葬儀にいくときには宗派を確かめておく必要があります。最初に親族の方が焼香をするのでその様子を見ておくのも良いでしょう。
お焼香をすませたら数珠を両手にかけて合掌し、そのまま後ろに2歩ほど下がり、再び祭壇に向かって一礼して自分の席に戻ります。
焼香は亡くなった方を悼み敬うという意味があるほか、邪気をはらい心身を清めるという意味があります。亡くなった方を思う気持ちが大切ですが、マナーもきちんと守りたいものです。

関連ページ

お葬式の段取りについて
お葬式を円滑に執り行うために、いくつか決めておかないといけないことがあります。まず始めに喪主選びです。喪主は、故人と一番縁が深い人が務めることになります。夫または妻といった配偶者が喪主に…
家族葬に参列するにあたって
まず、家族葬と聞いて、どこまでが参列する範囲にあたるのか悩まれる人も多いと思います。一般の葬儀の場合、参列したいと思えば、誰でも葬儀に参列する事が可能です。しかし、家族葬の場合は、そうも…
地域の葬儀のしきたりについて
わたしの実家はまだまだ田舎です。いい意味で葬儀についてもむかしながらの流れを引き継いています。田舎ながらの大きなお屋敷のお宅が多く、斎場を利用せず、自宅の和室を数室使って葬儀を行うこと…